世界選手権途中経過1(ラウンド1終了):スヌーカー世界選手権2019

いよいよ平成も終りにさしかかってきましたね。
そして今日から10連休の方も多いのではないでしょうか。大型連休の到来ですね。
自分も仕事が一段落つき、ようやく世界選手権をゆっくり観戦できるようになりました、この連休中はできる限り速報をお伝えしていきます。

まずは対戦表を確認しましょう。

4月27日現在ラウンド1はすべて終了しており、本当の世界選手権がスタートするといわれているラウンド2に突入しています。

ではラウンド1のおさらいをしていきましょう。
トーナメント表上側のブロックでは全てシード選手が勝ち進み
波乱はありませんでした。

しかし、下のブロックではとんでもない試合が行われていました。

https://ronnieo147.com/ より

優勝候補筆頭のロニー・オサリバンが、史上初アマチュアプレイヤーでクルーシブルに到達したヘンドリーの甥っ子、ジェームズ・ケーヒルにフレームカウント10-8で敗れるという番狂わせが起きたのです。

試合後オサリバンの第一声は「疲れた」でした。メンタルは良好だったが体が思うようについてこなかったようです。直前に体調でも崩していたのでしょうか。

どちらにせよ今シーズンのランキングイベント新記録となる37勝目を世界選手権優勝で迎える事は夢に終わりました。

ロニー・オサリバン無き現在、今大会は

ニール・ロバートソン
ジャッド・トランプ
マーク・セルビー

が有力な優勝候補です。

ニール・ロバートソンはいち早く準決勝進出を決めております。

本日の対戦カードは

となっており、セルビーの逆転劇が見れるのか楽しみですね。
ディフェンディング・チャンピオンのマーク・ウィリアムズの結果の行方も気になりますね。

それでは日本時間18時からのゲームを待つとしましょう。

Pocket

コメント

comments