まとめてお届け!!8月から9月中旬までの大会結果

猛暑も過ぎ去り、ずいぶんと過ごしやすい季節になった今日この頃です。
そしてスヌーカーシーンはまだまだ始まったばかり。ここまでの試合結果をささっと見ていきましょう。

1. 現世界王者、今シーズン最初のビッグイベントであるワールドオープンを制す

8月12日に行われた決勝の舞台に残ったのは世界王者マーク・ウィリアムズと無冠のNo.1プレイヤー、デイビッド・ギルバートでした。
この試合ではギルバートが9-5と早々に初優勝にリーチをかけるも、勝利を意識してしまったのかこれ以降全く別人のようなプレーを行っていました。ウィリアムズはその隙に上手つけ込み5フレームを連取して大逆転勝利となりました。
ワールド・オープンのベスト・ショット集↓↓↓
最後はマーク・ウィリアムズ劇場になっております。

 

2. ハンターを尊敬する男、カイレン・ウィルソンがドイツでエブドンを下す

8月26日ドイツのフュルトで小規模な大会、ポール・ハンター・クラシックの決勝戦が行われました。勝ち残ったのはカイレン・ウィルソンとベテラン、ピーター・エブドンでした。この大会はすべてベストオブ7のショート・フォーマットで行われ、決勝戦はフレームカウント4-2でカイレンが勝利しました。

ポール・ハンター・クラシックのベスト・ショット集↓↓↓

 

3. 直前の大会に続き連続優勝!! 6レッドスヌーカー世界選手権

毎年タイのバンコクで行われている6レッドスヌーカーの世界選手権はポール・ハンター・クラシックに続きカイレン・ウィルソンが決勝戦へ、対戦相手はディン・ジュンフィでした。ベストオブ15で行われた決勝戦はカイレン・ウィルソンがフレーム・カウント8-4で勝利しました。

横にいるのはカイレンのコーチ、バリー・スタークです。YouTube効果もあり、今世界で最も有名なコーチなのではないでしょうか。

6レッドスヌーカー世界選手権のベストショット集↓↓↓

4. 主役はやっぱりこの人、上海でも大活躍! ロニー・オサリバン!!

昨年まではランキング・イベントとして開催されていた上海マスターズでしたが、今年からは参加者を24名の選手に絞ったノン・ランキング・イベントとしてスタートしました。
決勝戦は、今シーズン初トーナメント登場となったロニー・オサリバンとバリー・ホーキンス。

決勝戦はチャイナ・オープン同様ベストオブ21で行われました。
前半戦はホーキンスがフレームカウント6-4とリードして後半戦へ向かいます。

最高の状況で折り返したホーキンスでしたがここからロニー・オサリバンが持ち前のハイスピード・スヌーカーでフレームを連取します。まず、4フレーム連取し、その後もホーキンスに流れを渡すことなく勝利に大手をかけます。ホーキンスも追い上げを見せますが好調ロニーの前ではさすがに分が悪かったか。展開としては準決勝の対カイレン・ウィルソン戦と似通っていました。
フレームカウント11-9でロニー・オサリバンが2年連続で上海マスターズのトロフィーを手中に収めました。

さて次の試合は9月24日から始まるチャイナ・チャンピオンシップです。ロニー・オサリバンは参加しないようなので、誰が優勝するのか予測しづらいですね。

Pocket

コメント

comments