クルーシブルの呪い

呪い、呪詛-神仏や悪霊などに祈願して相手に災いが及ぶようにすること。

オカルトはなぜか人を惹きつける。
この科学が発展した現代社会で、幽霊だの呪いだと語るのはナンセンスだ。
しかし、頭ではわかっていても、そんな非科学的なものに惹かれてしまう自分がいる。実際僕は、神聖な場所や墓地というところに行くと少なからず何かあるのではないかと緊張してしまう。

きっとこういうアニミズム的なものに惹かれるのは僕が日本人だからというわけではなく人類共通の特性ではないかと思う。イギリス人やインド人や中国人だって共感してくれるはずだ。いつでもどこでもオカルトやその支持者はいるはず。それはきっとスヌーカー界にだって・・・

 

 

スヌーカー界の七不思議の一つにして最も摩訶不思議な事柄は
「クルーシブルの呪い」といわれるジンクスです。

1976年以前はスヌーカー世界選手権は様々な地域、会場で行われてきました。イギリス国内だけでなくオーストラリア、南アフリカ、ジャーシーなどで開催された。1977年から2014年までの38年間はイギリス、シェフィールドのクレーシブル劇場でスヌーカー世界選手権が行われてきました。
クルーシブル劇場は1971年に建設された歴史のあるシアターです。
収容人数は最大980人と大きくないものの、観客からしてみれば会場が大きすぎて後方の席からは試合が肉眼では見えない、ということはなさそうです。

この伝統ある劇場からついたジンクスが「クルーシブルの呪い」です。クルーシブル劇場で行われたスヌーカー世界選手権は現在、1977年~2014年までの38回ですが、この期間世界選手権で初優勝したプレイヤーが翌年も優勝したことは1度もない。つまり、初優勝したプレイヤーは翌年、2年連続で優勝する事ができない。というのが「クルーシブルの呪い」です。

ここで過去クルーシブル劇場で初優勝したプレイヤーの翌年の成績を見てみましょう。

クルーシブル

世界選手権史上最多7回優勝のスティーブン・ヘンドリーは初優勝した翌年1991年には準々決勝で敗退しています。(対戦相手はスティーブ・ジェイムズ)
世界選手権を6回優勝したスティーブ・デイビスも呪いが発動する年、1982年には一回戦でトニー・ノウルズに敗れています。
ロニー・オサリバンも呪いの年、2002年は準決勝でスティーブン・ヘンドリーに敗れています。
このように名だたるプレイヤーたちも「クルーシブルの呪い」を逃れる事ができなかったのです。

2015年はクルーシブル劇場で39回目に行われる世界選手権です。
そして今年は4年ぶりに、この呪いが発動する年になります。

昨年の覇者、マーク・セルビーはこの呪縛から逃れることができるのか?
これが「World Snooker Championship 2015」の最大の見所です。

The Dafabet World Snooker Championship

 

 

 

Pocket

コメント

comments